ヤマベンの動画で知る!身近な法律
今回は、「不貞の立証」についてお話させていただきました。ぜひ、ご覧くださいませ。

みなさんこんにちは、あなたの悩み思い出に、弁護士の山田訓敬です。
本日は不貞の証拠、これについて若干お話したいと思います。
うちの事務所は離婚事件も扱っておりますけれども、その離婚事件に付随して不貞、よくこういう相談があります。

いわゆる不倫ですね。まず不貞とは何かっていうと夫婦の一方が配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つこと、ということになります。

ご主人が奥さん以外の女性と自由意志で肉体関係を持つというようなこと、あくまで自由意志ですからね。

だから例えば強制的に奥様がいわゆるレイプされたとかそういった場合には不貞にはもちろんあたりません。

もし不貞になった場合、不貞とされた場合はどういう効果が発生するかというと、慰謝料の請求、当然慰謝料は払ってくださいっていうことを不貞を働いた配偶者に対しても言えますし、その不貞を行った不倫相手に対しても慰謝料請求ができます。

後は離婚原因、民法770条にありますけれども、不貞を行った事はれっきとした離婚原因ということにもなります。じゃあ不貞というんですけど、実際にはこれを立証する、証明しなきゃいけませんからこれが非常に難しくなってきます。

どういう場合に不貞の証拠になるのか見ていきましょう。

例えば写真とか動画、一番典型的なのはいわゆる肉体関係を持ってる状態を写真で撮影するとかいうことが一番決定的な証拠ですね。

ただなかなかそれは難しい、そうなると今度はいわゆるそういう行為を行うような所へ二人で出入りしてる、例えばラブホテルですね、ラブホテルに二人で出入りしているというような写真とか動画、あるいは女性宅にご主人が夜中に行ってそれから朝方出てきたというような動画とか写真、そういったものが一つ不貞の有力な証拠になると思います。

後はそういう写真とか動画がなかったとしてもメールとか SNS のメッセージのやりとりですね。

特に最近芸能界でも話題になったのが LINE ですね 。
LINE のやり取りで不貞を疑わせるようなやり取りがあったとかいった場合、これもひとつの不貞の証拠になります。

ただそれが決定的かどうかって言うと、私も結構経験あるのが、奥さんが不倫相手とSNS その時は LINE だったのですけど、 LINE でやり取りをしてるというので今度一緒に旅行行きたいわとかですね。
あるいは映画見た後あなた素敵だったわとか、そういった LINE のやり取りがあったんですけども、それが決定的な証拠なのかっていうのはなかなか難しい。
奥さん側はそれはふざけて会社の同僚とふざけあってそういうことをしてただけに過ぎないのよとか言われた時が、なかなかそれを覆すことが難しい。

そういったものについてもやはり写真とかあとは録音テープとかですね、これは例えば弁護士とかが入る前の段階でやると効果的なんですけれども、よくあるのが奥さんがあなた浮気してるでしょということでご主人に問い詰めたら白状したというような場合ですね。

それをテープに取っておくというようなことがすごく大事なんですね。例えばそれで白状したから安心して僕のとこに奥さんが相談にきます。旦那が浮気しているということを白状してましたから、だからもうさすがに今更浮気してないなんて言わないと思いますと。

ところがそれを真に受けて私の方でご主人に慰謝料を請求するとかいうことをしたら、いやいや浮気なんかしてませんと、今度はそうなると言った言わないっていう話になってくるんですね。
ですからそういう場合にはやっぱり録音テープを取るとかいうこともしておいた方がいいです。

実際にはやはりそういう疑いがある場合には、まずご主人に働きかけるあるいは浮気しているだろう疑いのある奥さんに話しかけるんじゃなくて、まず弁護士とかに相談してどういう証拠がいいのかどういう駆け引きをしたらいいのかアドバイスをもらった上でやった方が本当はいいんですよね。
後は最近よくあるのはGPS の履歴ですね。車に GPS を仕掛けててそれでその GPS はどういう風に行ってるのか、車がどういうふうに移動してるのか、ラブホテルに行ってるあるいは彼女の自宅に行ってるとかそういう履歴こういうのもひとつの証拠になっています。
後は領収書とかカードの利用料履歴ですね。例えばラブホテルに入った領収書が出てきたとか、実際そんな間抜けな話があるのかと、実際私のやった事例でもそういうのがあるんですよね。
あるいはカードの利用履歴ですね。カードを例えば不倫相手と旅行してて、とてもご主人が買うようなものじゃなくて、二人で若い女性しか買わないような店に入った、そういう買い物履歴が出てきたとかそういったものをどんどん積み重ねていくと不貞の証拠になってくると思います。

私が前あったのにも50歳近くのご主人ですけれども、若い子とディズニーランドに行ってペアのペンダントを買っていた、そういう履歴が残ってた。
まさか50歳過ぎの年配男性が自分のためにペアのペンダント買わないでしょっていうようなことを裁判で申し上げて、それでご主人が最初しらを切っていたんですけれども、実は不貞をしていましたと認めたとかこういう事例もあります。
そういうようにあらゆるものが証拠にはなり得るんですけれども、その強弱それが不貞の決定的な証拠になるのか、それとも付随的な証拠なのかそういったものについてはやはり専門的な判断が必要となってきますので、そういう場合にはやはり弁護士とかにご相談されるのお勧めします。
以上簡単ですが不貞の証拠についてご説明しました 。