弁護士法人山田総合法律事務所(旧:弁護士山田訓敬法律事務所) | 福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル 5F

遺産分割

遺産分割のご相談

遺言書が存在すればそれに従って相続の手続を行えばすみます。例えば、父親が息子一人に不動産を含めた全ての財産を相続させると遺言をして亡くなった場合には、その息子は、その遺言書をもって法務局にいけば不動産の名義移転の手続ができますし、預貯金等の解約もその遺言書をもっていけば原則として事足ります(印鑑証明書等の書類が必要となることはありますが。)。他の相続人に署名・押印等をしてもらうことは必要ありません。
ところが、遺言書もなく、しかも、相続人が2人以上いる場合には、そのままでは各相続財産について名義移転等の手続はできません。
誰がどの財産を取得するかが決まっていないからです。
そこで、相続人全員が協議をして、協議が整わない場合には家庭裁判所に行って、どの財産を誰がどう取得するかを決めることが必要となってきます。これが遺産分割の手続となります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人山田総合法律事務所 All Rights Reserved.