弁護士法人山田総合法律事務所(旧:弁護士山田訓敬法律事務所) | 福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル 5F

審判離婚

調停で離婚の話合いをしたが、結局、話合いがまとまらなかったという場合には、原則として、離婚の裁判をするほかありません。

しかし、調停が成立しない場合でも主要な事項については合意ができている場合で些末なことだけが合意ができていないといった場合(末尾に掲げる公有財産)には、裁判所が職権で調停に代わる審判をして、離婚調停が成立したのと同じように取り扱うことができます。

ただ、実務上はこの審判離婚はほとんど例がありません。

ご予約フリーダイアル
お電話でのご相談は承っておりません
TEL 0120-255-112 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人山田総合法律事務所 All Rights Reserved.