弁護士法人山田総合法律事務所(旧:弁護士山田訓敬法律事務所) | 福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル 5F

慰謝料

慰謝料とは

夫婦の一方の浮気(不貞行為)や暴力行為等によって、離婚をすることになった場合、夫婦のもう一方は不貞行為や暴力によって精神的苦痛を受けるほか、離婚しなければならなくなったことによっても精神的苦痛を受けることになります。このような場合には、夫婦の一方が受けた精神的苦痛について、相手方に対して慰謝料の支払いを請求することができます。

また、不貞行為の相手方が、婚姻していることを知って不貞行為に及んだ場合等については、その不貞行為の相手方に対しても慰謝料の支払いを求めることができます。

慰謝料を請求するにあたっては、請求する方が不貞行為があったことや暴力行為があったことを証明しなければなりません。そこで、慰謝料の請求に備えて、事前に証拠を集めておくことが重要です。

たとえば、不貞行為の証拠として、
(1)不貞行為の相手方との通話の録音記録やメール(LINE)、
(2)不貞行為の相手方の自宅に行っている写真やホテルに入っている写真等が考えられます。

また、暴力行為の証拠として、
(1)暴力行為を受けている状況の録音記録、
(2)暴力行為によって怪我を負った場合には診断書等が考えられます。

慰謝料の金額

慰謝料の金額は、
(1)婚姻期間、
(2)未成熟の子の有無やその人数、
(3)夫婦の一方の有責行為の態様・程度、
(4)精神的苦痛の程度
等の具体的な事情を考慮して決めるため、一義的に決まるものではありません。
もっとも、実務上は、概ね100万円から500万円の範囲内で決まることが多数と思われます。

慰謝料の支払いが認められない場合

例えば、夫婦の一方が不貞行為をしたことによって離婚しましたが、不貞行為を行った時点で既に夫婦生活が破綻していたような場合には、慰謝料の請求はできません。
また、不貞行為や暴力行為等の違法な行為がないような場合も原則として慰謝料の請求はできません。

慰謝料の請求期限

慰謝料の請求は、請求する原因によって時期は異なりますが、請求することができる期限があります。

たとえば、一方の不貞行為を理由として慰謝料の請求をする場合には、不貞行為があったことを知ったときから3年以内にしなければなりません。もっとも、不貞行為の相手方に対する慰謝料の請求については、その相手方が誰なのかを知ったときから3年以内であればすることができます。

ご予約フリーダイアル
お電話でのご相談は承っておりません
TEL 0120-255-112 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人山田総合法律事務所 All Rights Reserved.