弁護士法人山田総合法律事務所(旧:弁護士山田訓敬法律事務所) | 福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル 5F

代襲相続

代襲相続

相続人となる者が相続開始以前に死亡したり、一定の事由(相続欠格、廃除)によって相続権を失った場合、その相続人の直系卑属が、その相続人に代わって、その相続人になるはずだった者の相続分を相続することが認められています。これを代襲相続といいます。
例えば、被相続人に妻がいて、子供がおらず、直系尊属も既に死亡していた場合には、被相続人に兄弟姉妹がいれば、妻が4分の3の相続分を、兄弟姉妹らが(全部で)4分の1を相続します。
ところが、兄弟姉妹のうち誰かが既に被相続人よりも先に死亡していた場合には、その死亡した相続人は相続できませんが、その子(被相続人にとっては甥や姪)がその死亡した相続人の相続分を代わって相続できるのです。

souzoku04

 

 

ご予約フリーダイアル
お電話でのご相談は承っておりません
TEL 0120-255-112 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人山田総合法律事務所 All Rights Reserved.