弁護士法人山田総合法律事務所(旧:弁護士山田訓敬法律事務所) | 福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 新栄ビル 5F

寄与分

■寄与分とは
共同相続人の中に、被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたものがあるときに、相続財産からその人の寄与分を控除したものを相続財産とみなして計算するというのが寄与分の制度です。
例えば、長男が両親と同居して、父が行っていた家業(自営業)も無給で手伝っていた。そして、父名義で家を建てたが、実際にはその資金の半分は長男が出したといっても過言でない。他方で、次男は家を出てサラリーマンをしており、長女も既に嫁いでいる。といった場合を考えてください。
その場合に、家も父名義だからすべて遺産だとするのは公平ではありません。
そこで、家の2分の1相当は長男の寄与分とみて、それを相続財産から控除して分配すべき相続財産を計算する、長男はその寄与分は優先的に取得するという方法をとるのです。
ただし、注意しなければならないのは、「私が両親の面倒を見てきたから、私の方が遺産を多く取る権利がある。」といった主張がよくなされますが、「面倒を見たから」という理由で即座に寄与分が認められる訳ではないのです。あくまで『財産の維持又は増加に』特別の寄与をした場合に限られるのです。
具体的な計算方法はこうです。
例えば、相続人が配偶者と子3名(長男、次男、長女)だとします。長男のみ寄与分が自宅の半分相当(つまり自宅が3,000円だとしてその半分の1,500万円)とします。
被相続人の死亡時の財産は、自宅(不動産)の価額が3,000万円、預貯金が2,000万円、自動車が500万円、現金が500万円の合計6,000万円とします。
そうすると、本来の原則からは、6,000万円相当の財産が相続財産のはずです。
しかし、長男の寄与分が1,500万円ですので、これを控除して、相続財産は4,500万円ということとして計算します。
そうすると、
① 母の相続分は、2,250万円(4,500×1/2)
② 長男の相続分は、  750万円(4,500×1/2×1/3)+1,500万円(寄与分)
③ 次男の相続分は、  750万円(4,500×1/2×1/3)
④ 長女の相続分は、  750万円(4,500×1/2×1/3)
ということになります。

souzoku07

souzoku08

ご予約フリーダイアル
お電話でのご相談は承っておりません
TEL 0120-255-112 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Information

弁護士法人山田総合法律事務所
(旧:弁護士山田訓敬法律事務所)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目11-25 
新栄ビル 5F
ご予約フリーダイヤル : 0120-255-112
TEL:092-738-3377  FAX:092-738-3301
電話受付 9:30~17:00  休業日 土・日・祝

社長tv
  • facebook
交通事故に関する相談なら交通事故相談ダイヤル
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人山田総合法律事務所 All Rights Reserved.